AOS 自動車関連業者の方はこちらへ お問合せ ご利用にあたって
TOP クルマの維持 クルマを直す クルマを買う クルマをかざる ダイレクトメニュー 会社概要
鈑金
修理工場案内
軽鈑金とは
鈑金とは
事故車の修理

軽鈑金とは


 車の場合ちょっとした小さな傷でも、一般的な鈑金修理に出すと結構な金額がかかるものです。
そんな小さなキズ(すりキズ・線キズ・小さなヘコミ)を、小さく鈑金し小さく塗装することによってコストを削減させる技術を軽鈑金と言います。

 デントとは、車のボディにできた小さな凹みやえくぼのことです。
 デントリペアとは車の小さな凹み(デント)を専用特殊工具(デントツール)を使って短時間で直す技術のことです。
 ボディの凹みを内側からデントツールを使って押し出すように直します。塗装が傷んでいなければ、塗装をする必要もないため、低価格で直すことが可能です。
 大きな凹みを直すことはできませんが、どうしても気になる小さな凹みを直すにはとってもお得な修理です。

 軽鈑金作業は一般的に次のような流れで行われます。
 基本的な工程は鈑金塗装と一緒です。一般的な鈑金塗装との違いは塗装をする範囲がへこみを修正した部分だけを塗装することです。

 例)事故車の修理




Copyright (C) 1998 株式会社システムジャパン E-Mail : webmaster@aos.ne.jp