AOS 自動車関連業者の方はこちらへ お問合せ ご利用にあたって
TOP クルマの維持 クルマを直す クルマを買う クルマをかざる ダイレクトメニュー 会社概要
メンテナンス
修理工場案内
メンテナンス情報
   日常点検整備
   エンジンオイル
   バッテリー
   ATF
   ラジエータ
   ディスクパッド
   タイミングベルト
   ファンベルト
   LLC
   ブレーキフルード
   パワステフルード

パワーステアリングフルード


パワーステアリングフルード 位置 1.ブレーキフルード
2.パワーステアリングフルード
3.LLC
4.エンジンオイル
5.ATF

 パワーステアリングの機能とは、油圧によってステアリング機構の動きを補助してやるものです。つまり、パワーステアリングフルードは油圧の作動油として使われているものです。
 パワーステアリングの力は、オイルポンプによって作り出され、圧力は60s/p2程度となります。高圧ではありますが、温度はそれほど高くなるものではなく、同じく油圧を作動油として使うブレーキオイルのように温度特性は必要ではありませんが、安定性は要求されます。

パワーステアリングフルード 写真 パワーステアリングフルードの粘度指数は低いです。それは流体抵抗が小さくないとハンドルを切った時の反応が悪くなってしまうためです。もちろん、ポンプの負担が大きくなってしまうことも避けたいわけです。
 また、長期間使用されるため、酸化安定性能が高いことと、防錆性能が重要な性能といえます。
 パワーステアリングの機能や構造からいって、パワーステアリングフルードが摺動によって、劣化したり、高温によって劣化するということはありません。実際に車体の定期点検整備においても、交換という指示はなされていないのが普通です。適正なパワーステアリングオイルが使用されていれば交換の必要はなく、むしろ、オイルホース及びオイルパイプのオイル漏れやオイルタンクのキャップなどからゴミが入らないように気を付ける事が大切です。

 車両を水平なところに置き、アイドリング回転でハンドルを数回左右いっぱいに回し(据え切りということ)オイルを循環させた後、リザーバータンクのキャップをはずし、泡がたっていなければOKです。泡がたっていた場合は、エアー抜きが必要になります。その場合は、整備工場等に点検を依頼し適切な処置を行いましょう。
 パワーステアリングフルードは基本的には交換は必要ありません。しかし、長い間車を使用していると、少しずつ減少してくるため、量のチェックをして補充を行います。

 パワーステアリングはオイルの圧力によってアシストの力が伝えられる仕組みになっています。ポンプによって圧送されるため、ジョイントなどから少しずつ減っていってしまいます。そのためステアリングポンプのオイルタンク部分には「MIN」と「MAX」のマークがつけられています。
 オイルが減ってくるとオイルポンプは空気もかき込み、作動の遅れなどとなって現れます。こんな状態にならないように、オイル量はMINレベルを切らないように補充をしましょう。また、補充時にはゴミの混入防止に気を付けることが必要です。

 走行10,000kmごとでの点検をお勧めします。


この内容は自動車新聞社の協力により掲載しております。なお、内容につきましては平均的な内容を掲載しておりますのでご了承下さい。


Copyright (C) 1998 株式会社システムジャパン E-Mail : webmaster@aos.ne.jp