AOS 自動車関連業者の方はこちらへ お問合せ ご利用にあたって
TOP クルマの維持 クルマを直す クルマを買う クルマをかざる ダイレクトメニュー 会社概要
メンテナンス
修理工場案内
メンテナンス情報
   日常点検整備
   エンジンオイル
   バッテリー
   ATF
   ラジエータ
   ディスクパッド
   タイミングベルト
   ファンベルト
   LLC
   ブレーキフルード
   パワステフルード

LLC


LLC 位置 1.ブレーキフルード
2.パワーステアリングフルード
3.LLC
4.エンジンオイル
5.ATF

 冷却水に使われている不凍液の中で、年間を通じて使用でき、冷却能力や防錆能力を比較的長い間保つことができる液体のことです。また成分は液体の凍る温度を下げるエチレングリコールです。

 冷却水不足のまま走行したり、劣化したLLCをそのまま使用すると、防錆性能が低下しラジエーターやエンジン内部の水管を腐食させ水漏れが発生、オーバーヒートの原因となったり、冬期には凍結したりしてエンジンに損傷を与えます。なお、LLCは不凍効果と金属の腐食防止性を維持するため、濃度は30〜60%までの間で使用することが必要です。使用地域の最低温度より5〜10℃低い気温に合わせて濃度を決め注入します。濃度の測定にはLLCチェッカー・テスターを使用して下さい。

LLC 写真 冷却水の不足や、冷却装置の故障によりオーバーヒートが発生するとエンジンに損傷を与えるので、運転中は時々計器盤の水温計をチェックする必要があります。
 水温計が上昇しオーバーヒート状態となったら、車両を木陰の涼しい風通しの良い場所に止め、アイドリング回転で放置した後にエンジンを止めて下さい。
 日常点検としては時々、リザーバータンクの冷却水液量をチェックして下さい。不足していれば補充が必要となりますが、水だけの補充ではLLCの濃度が薄まり防錆効果を弱めてしまうので、補充液(LLCを30%程度に薄め、そのまま補充可能な製品)を使用して下さい。
 なお、急速に減少した場合はラジエーター等の液漏れも考えられるので整備工場等に相談して下さい。

 LLCが不足していると、オーバーヒートの原因となったり、エンジンに損傷を与えたりし、危険ですのでご注意下さい。最近、誤ってエンジンに注入してしまう場合がありますので、絶対に間違わないように必ず、ラジエーター又はラジエーターリザーバタンクに注入して下さい。

 走行距離:2〜3年ごとでの交換をお勧めします。


この内容は自動車新聞社の協力により掲載しております。なお、内容につきましては平均的な内容を掲載しておりますのでご了承下さい。


Copyright (C) 1998 株式会社システムジャパン E-Mail : webmaster@aos.ne.jp