AOS 自動車関連業者の方はこちらへ お問合せ ご利用にあたって
TOP クルマの維持 クルマを直す クルマを買う クルマをかざる ダイレクトメニュー 会社概要
メンテナンス
修理工場案内
メンテナンス情報
   日常点検整備
   エンジンオイル
   バッテリー
   ATF
   ラジエータ
   ディスクパッド
   タイミングベルト
   ファンベルト
   LLC
   ブレーキフルード
   パワステフルード

ファンベルト


 エンジンの冷却用のファンを回転させるためにクランクシャフトの回転力を伝えるベルトのことです。ファンベルトは同時に、ウォーターポンプやオルタネータへも動力を伝える働きもします。

 ベルトは初期伸びが大きく、伸びた状態で使用を続けると動力が正確に伝わらず、発電不良によるバッテリー上がりや冷却水不循環によるオーバーヒートの発生率が高くなります。特にベルトが切損したまま走行し続けるとほぼ確実にそうしたトラブルが発生しエンジンにダメージを与えてしまいます。

 オルタネータベルトが切れた時はバッテリーへ充電ができないためチャージランプチャージランプが点灯します。

 またウォーターポンプベルトが切れるとウォーターポンプが作動しなくなり水温計が上昇しますので走行前や走行中に計器盤をチェックして下さい。また、ベルトの寿命は張力管理に大きく影響されるので定期的に整備工場等に入庫して調整することが大切です。その他、ベルト鳴きに気づいた時は速やかに整備工場等に入庫してベルトの状態をチェックしてもらって下さい。

 ベルトの材質はゴムですので、油や水に弱く、年数を経過する程劣化が進みます。

 走行距離:2〜3万km程度での交換をお勧めします。


この内容は自動車新聞社の協力により掲載しております。なお、内容につきましては平均的な内容を掲載しておりますのでご了承下さい。


Copyright (C) 1998 株式会社システムジャパン E-Mail : webmaster@aos.ne.jp