AOS 自動車関連業者の方はこちらへ お問合せ ご利用にあたって
TOP クルマの維持 クルマを直す クルマを買う クルマをかざる ダイレクトメニュー 会社概要
メンテナンス
修理工場案内
メンテナンス情報
   日常点検整備
   エンジンオイル
   バッテリー
   ATF
   ラジエータ
   ディスクパッド
   タイミングベルト
   ファンベルト
   LLC
   ブレーキフルード
   パワステフルード

ブレーキフルード


ブレーキフルード 位置 1.ブレーキフルード
2.パワーステアリングフルード
3.LLC
4.エンジンオイル
5.ATF

 ブレーキシステムを稼働させているオイルです。ブレーキペダルの踏力がマスターシリンダーからブレーキフルードを押し出します。押し出されたブレーキフルードはキャリパーの中のスライドピンを広げたり、縮めたりし、ディスクロータをブレーキパッドが挟み込んで制動力が得られる、という仕組みです。

 フルード不足や漏れ状態で走行するとブレーキ配管内に空気が混入しやすくなります。空気が混入すると必要な液圧が伝達されず制動力が低下するとともに水分も混入します。この状態でさらに使用を続けると水分混入による沸点降下によりフルードが沸騰しやすくなり、最悪の場合、沸騰して配管内に気泡が生まれ液圧が伝わらずブレーキが効かなくなる「ベーパーロック現象」をひき起こす危険性があります。また長期間交換を行わなかった場合も性能低下等により、ベーパーロックが発生しやすくなります。

 日常点検としては、フルード量が不足するとブレーキ警告灯が点灯しますので、走行前に計器盤をチェックすることです。また時々はリザーバータンクのフルード量も点検しましょう。タンクにはMAXとMIN(UPPERとLOWER)が表示されているのでこれを目安にします。
 フルード不足を発見した場合、早急に整備工場等に点検を依頼し適切な処置を行いましょう。
 なお、フルードを交換する際は熱の影響を最も受けるホイールシリンダ内のフルードまで交換しなければ意味がないので全量交換が原則となります。補充する場合も異なるタイプを混入すると添加剤が異なるため弊害が起こることがあります。使用中と同じフルードを補充して下さい。

 ブレーキを頻繁に使うと、摩擦によって過熱され、ブレーキフルードが気化し、フルード内に気泡ができてしまいます。この状態になると、いくらブレーキペダルを踏んでも気体が圧縮されるだけで、踏力がホイールシリンダーには伝わりません。これを「ベーパーロック現象」といいますが、この状態を回避するにはフルードそのものの沸点を高める必要があります。そのため、車両の使用方法に合わせて適切な沸点のフルードを使用して下さい。また、異なったブレーキフルードを混ぜたりしますと、沸点が低下したり、化学変化して変質する可能性もありますのでご注意下さい。

 初回交換は3年目、以降2年ごとでの交換をお勧めします。


この内容は自動車新聞社の協力により掲載しております。なお、内容につきましては平均的な内容を掲載しておりますのでご了承下さい。


Copyright (C) 1998 株式会社システムジャパン E-Mail : webmaster@aos.ne.jp