AOS 自動車関連業者の方はこちらへ お問合せ ご利用にあたって
TOP クルマの維持 クルマを直す クルマを買う クルマをかざる ダイレクトメニュー 会社概要
車検
車検について
車検とは
検査と登録
点検と整備
車検にかかる費用
車検有効期間
ユーザー車検

:参考:
重量税とは
整備工場の種類
法定点検項目一覧
ナンバー分類番号一覧

修理工場案内
全国の整備・鈑金工場を検索できます。 自宅や勤め先の近くの工場がわからなくて・・・など、自分にあう工場を見つけてくださいネ。各工場のホームページも閲覧できますよ♪

ユーザー車検


【事前準備】
時間には十分余裕をもって準備をしましょう

1. 車検の書類を準備する

次の7つ書類を事前に準備しておくことをお勧めします。

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自賠責保険証
  3. 自動車税納税証明書
  4. 定期点検整備記録簿
  5. 継続検査申請書(専用5号紙)
  6. 自動車重量税納付書
  7. 自動車検査票

  • は、車検日当日車検場での購入が可能です

2. 陸運事務所(車検場)に予約を入れる

1週間位前から予約を受け付けてくれます。
(予約は強制ではありません。全国各地の車検場によって違います。まずは連絡を入れましょう。)

3. 定期点検の実施

定期点検自体はそんなに難しいものではありません。普通に運転できていれば、3割近く「レ」点を付けることができます。
足周りなど、自信が無い部分は整備工場へ持ち込みましょう。


【車検日当日】
車検受付窓口又はユーザー車検窓口で対応していただきます

4. 車検書類の再チェック

必要書類の確認を再度行います。

5. 印紙の購入

次の2つの印紙を購入してください。

  1. 検査登録印紙
  2. 重量税印紙

  • 検査登録印紙は自動車検査票に、重量税印紙は重量税納付書に貼って下さい

6. 納税確認

自動車税の納税確認を行います。自動車税納税証明書と車検証をもって窓口に行きます。

7. 書類審査

車検受付窓口又はユーザー車検受付窓口に行きます。そこで書類審査を受けます。OKであれば書類審査は完了です。

8. 検査開始

書類審査が完了したら、クルマを検査コースに列ねます。検査官が来ますので、書類を渡してください。検索の開始です。

<第1ブロック>
外周検査・同一性の確認

<第2ブロック>
サイドスリップ検査・前後輪ブレーキ検査・駐車ブレーキ検査・スピードメーター検査

<第3ブロック>
ヘッドライト検査・排気ガス検査

<第4ブロック>
下回り検査

9. 総合判定

検査の出口付近に総合検査所があるので、自動車検査票とその他の書類を提出します。
検査が全て合格していれば完了印がもらえます。
不合格の場合は再検査となります。悪い箇所をしっかりと聞いておきましょう。
不具合箇所の整備は最寄りの整備工場にて整備をしていただきましょう。

10. 車検証交付

自動車検査票に完了印をもらったら、陸運事務所内の継続検査の窓口へ行きます。
全ての書類を提出します。

  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証書
  • 24ヶ月点検記録簿
  • 新しい車検証
  • ウィンドシール





Copyright (C) 1998 株式会社システムジャパン E-Mail : webmaster@aos.ne.jp